アリアドネでは2006年3月上旬、つぎのようなアンケートをおこないました。

おこたえくださった多くのかたに、心から御礼もうしあげます。


アリアドネ・アンケート

「ご自分の専門分野の記述に関して、ウィキペディア日本語版をどう評価されますか?」

アリアドネでは、インターネットをつうじた新しいリファランスのありかたについて、個人の立場からながらく考えてきました。なかでも、現在世界で急速に発展しているウィキペディアは、昨2005年には英語版の記事の信憑性について批判がなされたいっぽう、科学的な領域の記述に関しては、専門誌『NATURE』の12月15日版で比較的肯定的な結果が報告されてもいます。

ほかの多くのオンライン事典が、有料契約制や深層性などのために汎用検索サイトから直接検索をおこなえない状況はいまも打開されておらず、アクセシビリティーにおいてあきらかな優位をそなえるウィキペディアの推移はその記述の質・量ともに注目されます。2005年末には日本でも、『ホットワイアード・ジャパン』が12月20日のテーマとして「Wikipediaを信頼してる?」という興味深いオンライン投票をおこなっていました。2006年2月末の時点で「Yes: 1041/No: 388」と、肯定的な回答が多かったことが印象的でした。

ただ、本来、事典や記事の記述について評価をおこなうことができるのは、よく知っている分野についてであるという見方もできます。ところが、自分が専門的な知識をもっている領域について、基本的なリファランスを参照することは日頃あまりおこないません。

そこで、逆に自分の専門分野について読んでみた場合、いまのウィキペディアについてどのような感想がうまれるのかと考えるようになりました。あくまで一人のネットユーザーとしての素朴な問いですが、ふだんアリアドネをお使いくださっているかたがた、あるいはこのアンケートページをご訪問くださったかたがたに、おなじようにお尋ねしたいと思います。ご自分の専門分野の記述に関して、ウィキペディア日本語版をどう評価なさるでしょうか。 「この領域は知っている」という分野の記事をお読みになって、気軽にご参加いただければ幸いです。

2006年3月1日

人文リソースサイト アリアドネ 二木麻里

「アリアドネについて」


ご自分の専門分野の記述に関して、ウィキペディア日本語版をどう評価されますか?

基本的に正確: 26 / 問題が多い: 33 / どちらともいえない: 18

得票分布

得票分布パイグラフ 基本的に正確: 26 / 問題が多い: 33 / どちらともいえない: 18

よろしければコメントをお願いします

(コメントや回答者情報はいずれも必須項目ではありません 投票のみでも気軽にご参加ください)

専門分野
年齢
性別男性 女性
お名前 (さしつかえなければ)

これまでのコメント

問題が多い / 40-49歳 / 哲学 / 男性 / 桜井 ( 2006-03-07 20:18:26 )

 専門でない分野であれば参考になることが多いウィキペディアですが、たとえば哲学などの専門の分野について、専門でない人々が読んで、どこまでその項目について理解できるか、あるいは理解したと誤って思い込んだりしないかという観点から調べてみます。どうも問題が多いと思います。
 具体的には個々の哲学者の項目について問題点を指摘してみると、(1)関連性の問題があります。若い頃の挿話とかお墓の場所とか、その哲学者についての逸話的な話題が多く、ほんらい説明すべき重要な思想的な内容が抜けていることが多いのです。(2)包括性の問題があります。主著だけしか説明がないとか、ある著書だけ妙に詳しいとか、バランスに欠けることが多いようです。(3)全体性の問題があります。思想的な内容についての説明を省略して、概念だけを出して、一応リンクしてあるのですが、リンク先の説明がおざなりだったり、説明がそもそもなかったりします。そのため、その哲学者の全体像がどうしても捉えにくいのです。(4)個人的な偏向の問題があります。思想的な内容を紹介したあとで、唐突に個人的な感想や、他人の感想の引用として外的な批判が述べられ、その根拠が示されないことが多いのです。て
 項目的には市販の百科事典に近くなったとしても、やはり編集部の目のゆきとどいた百科事典には到底かなわないと思います。あるいは個人名を出して書かれたサイトに、もっと信頼できる記事がみられると思います。

問題が多い / 50-59歳 / 植物自然史科学 / 男性 ( 2006-03-07 10:39:58 )

植物に関する幾つかの項目を見たが,内容がいい加減な部分が目立ち,ちょっとひどすぎる。また,学名の記述方法も根本的に間違っている。基本構成から考え直すべきだろう。

どちらともいえない / 30-39歳 / 日本語教育・言語学・教育心理学・認知心理学 / 女性 ( 2006-03-07 01:33:55 )

日本語教育・言語学・教育心理学・認知心理学に関連する項目をざっと見ましたが、基本用語集レベルの説明におさまっているように思います。しかし、今後書き足して行くといいキーワードが網羅されていないのでこのままでは百科事典としてふさわしい内容に発展していくか非常に疑問ですし、門外漢が見た時に外部者から見たステレオタイプ的なイメージが定着するのではないかと危惧しました。また項目にあがったキーワードだけでなく、そのフィールドに関係する人名などにも偏りを感じます(例えば日本の心理学者)。

問題が多い / 60-69歳 / 統計遺伝学、育種学、放射線 / 男性 / 鵜飼保雄 ( 2006-03-06 23:26:32 )

 日本語のウィキペディアについては、関心があるのですが、自然科学系はあまり充実していないように思えます.少なくとも生物学や遺伝学の項目についてはあまり参考にならないのが現状です.重要項目が取り上げられていないことと、あっても、一部分しか書いてない、記述が少ない、内容が偏っている、などの問題があります.
 また一般的に、つぎのことが問題と思います.1.ある項目について、多数の人が書き込みを続けることによって次第に記述は詳しくなるでしょうが、必ずしもある内容に収斂するとは限らないでしょう.たとえば遺伝子組換え、温暖化、低線量放射線、政治的問題などでは人によって意見が異なるわけですが、その場合には当たり障

問題が多い / 20-29歳 / 法学 / 男性 ( 2006-03-06 23:19:16 )

中にはきちんとした項目もあるが、「日本の法律」というカテゴリで包括されている記事群を見ると、第1条の劣化コピーと目次の部分だけというなんともふざけた内容のものが多くて、呆れてくる。

基本的に正確 / 20-29歳 / 歴史学 / 男性 ( 2006-03-06 17:18:41 )

他にない以上、一般的な情報のひとつとして参考にしています。そもそも、専門家向けの内容でもないでしょうし、方向性としては共感できます。疑問があるのなら、なぜ執筆する側に回らないのかとも思いますが、簡単に引き受けられる仕事ではないだろうと思います。

基本的に正確 / 50-59歳 / ミュージアム、データベース / 男性 / 笠羽 晴夫 ( 2006-03-06 11:07:03 )

最初からここで調べることはありませんが、端緒をつかむために汎用検索エンジンで調べたときにここの記述が出てくると、他の記述よりは内容のバランスがよく取れていることがわかり、結果として役立っています。外部に出す文章では自己責任の上から裏を取るのはもちろんですが、その入り口としては既成の百科事典にもない新しい項目もあり、良いのではないかと考えます。ネット上の、無料のもの、という前提で使うのは常識です。

問題が多い / 20-29歳 / 性科学 / 男性 ( 2006-03-06 10:30:32 )

「カテゴリ:性科学」が貼ってあるべき記事に「カテゴリ:性科学」が貼られていない。また、「カテゴリ:性科学」が貼ってあるべき記事に貼ると、それを剥がすという荒らしがある。
性科学の下位分野である「カテゴリ:ジェンダー」に「カテゴリ:性科学」が貼られていない。その原因はカテゴリ剥がし荒らしである。

問題が多い / 40-49歳 / 軟体動物門 腹足綱 後鰓類 / 男性 ( 2006-03-06 10:20:31 )

特に分類体系は古すぎますね。情報の豊富さ、正確さ、新鮮さとしては、もはやアマチュア愛好家のサイトのほうが、遥かに勝っている分野です。

どちらともいえない / 40-49歳 / 進化生物学 / 男性 / 三中信宏 ( 2006-03-06 06:33:03 )

生物進化や系統発生に関係する項目:「進化」「自然淘汰」「種(生物)」「分岐分類学」「分類学」「系統樹」「反証可能性」などをざっと見たかぎり,項目間のばらつきが大きい.不正確な記述もあり,またバイアスのある内容も見受けられる.ただし,それは「ウィキペディアだから」ということでは必ずしもなく,署名のある「紙」の百科事典でもありえることだ.個人的には,ウィキペディアから張られている各国語版 Wikipedia やオンライン参考文献などが資料的価値があるように思う.ある言語では不十分な記載しか得られない場合でも,別の言語では詳細な説明がなされている場合があるから(「オッカムの剃刀」のように).

←前の10件次の10件→